2007年06月24日

カイちゃん病院へ・・

って言っても病気じゃないよ?

フィラリアとフロントラインをもらいに行っただけ犬(笑)

カイくん体重は33.2キロでしたー(長音記号1)グッド(上向き矢印)

予想では35キロくらいありそうだったのになぁ・・・

でもカイの足の事を考えたらあと3キロは落とさないとたらーっ(汗)

でね、カイくん体重量ってもらったのはいいんだけどこれがまた大変であせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

まず乗った瞬間飛び降りるダッシュ(走り出すさま)

ちっともじっとしないあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

やっと一瞬じっとした!と思ったら体重計がエラーどんっ(衝撃)

何回量りなおしただろう??

その度にカイを持ち上げてくれた看護士さん、すいませんでしたぁ犬(泣)たらーっ(汗)

で、だいすけ君のお話です。

結局だいすけ君は手術しない事にしたそうです。

開腹した時に心臓が止まるかもしれないとかかりつけの獣医さんと

名古屋の病院(心臓の名医さん)との間で話してたそうです。

なので、そんな危険性を冒してまでの手術はダイスケ君の為にもならないだろうという事で決めたそうです。

私もそれに賛成です。

でもね、そのかかりつけの先生ね、薬を間違えたんですって!!

初め、飼い主さんが気づいて「先生薬違いますけど・・・」って言ったら

「合ってます合ってます」って言われたから、薬が変わったんだと思って飲ませたんですって。

で次また薬もらいに行った時は前の薬に戻ってたから

「また薬戻ったんですか?」って聞いたら

「えっ?ずっとこれでしょう?」

「いや、先生この前違う薬出しましたやん」

「えっそんなハズは・・・」

・・・ちゃんと確認もせず「合ってる」と言い結局間違って出してたそう。

幸い、同じ系統の薬だったから良かったもののもし心臓に負担がかかる薬を渡されてたら・・・と思うとぞっとします。

薬の種類も量も同じはずなのに、支払う金額が変わったりするそうだし

明細くださいって言ったら「獣医はそこまで細かい事はしない」って言われたそうだし。

じゃあ誰がやるんだ!!!!!!!!!!!

私、ユキの時にその先生に診てもらって後悔したんです。

手術後ご飯を全く食べないから何度も病院行ったんだけど

「何ででしょうね〜ご飯を食べない理由がわからない」としか言わず検査もせず・・・

いや、私らにも理由がわからないから来てるんですけど?

わかったら病院なんか来ませんけど??

その時に血液検査してたら腎不全だってもっと早くに解ってたんです!

そしたらあんなんに無理矢理食べさそうとしたりしなかったのに!!

ダイスケくんも子犬の時から異常なくらい食が細かったから

飼い主さんに「ちゃんと検査してもらった方がいいよ」って薦めてたんですけど

飼い主さんがその先生に相談しても「わかりません」ってゆきの時と同じような事を言ってたそうです。

「こんなフードをあげてみたら?」っていうアドバイスもなかったそうで。

でも、結局ね。

生まれつき心臓が悪かったからご飯食べなかったんですよ。

先天性の心臓疾患抱えてる子はそういう兆候があったりするんですって。

でも気づかない・・

私らは何度も「食べる事が本能のはずのこの子らが食べないのはおかしいよ!!」って言ってたんだけど・・・

もっと早く検査してれば・・

あの時強引にでも違う病院行きましょうと連れて行ってたら・・・

ダイスケくんの寿命はもっと延びたかもしれないんです。

こんなトコで批判しても始まらないけど。

やっぱダメだ。。

その先生の話を聞くとどうしてもユキの事を思い出すから・・

ユキの時と同じ間違いを繰り返すのか!って先生に言いたくなります。。

ヒートアップしそうなので今日はここまでにしときます。。

悪口を書くつもりじゃなかったんだけど・・・。ゴメンなさい。。


ニックネーム たぶぇもん at 10:25| Comment(6) | TrackBack(0) | カイちゃん日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変ですね。

名古屋ね心臓の名医…想像がつきます。

そこが嫌なら岩倉市にも心臓の名医がいるので行ってみたらどうでしょう?
有名な千○動物病院です。
院長先生は親切で良い先生ですよ。
もう行ってたらすいません。
Posted by るる at 2007年06月24日 11:58
るるさま☆

名古屋の病院の先生の事を批判したわけじゃないんですよ。
私の地元のかかりつけの先生の方です。
名古屋まで連れていく体力がないので、もうたぶん名古屋には行かないと思います。
手術もしないので・・・
残された時間を生まれ育った街でのんびり過ごさせてあげるのではないかなと思います。
Posted by たぶぇもん at 2007年06月24日 17:17
病院って相性もあるからね〜。
我が家も 今の病院の前にかかってた病院は凄かったですよ〜。
いろんな事があり過ぎて。。。話が尽きないくらいです。
ベルがその病院で ウレションしたことがあって、尻尾をブンブン振ったら、先生の顔にシッコがかかってしまいました。
そしたら先生『うわぁ〜、汚い!』って言って顔を洗ってるの。
この時、本当にこの先生は獣医さんなのかなって不安になった事を思い出しました。
たぶぇもんさんの言うとおり、自分で判断が出来たら 獣医さんの所に来ないわけだし。。。不安だから病院に来てるわけだし・・・
もっと、しっかりして欲しいですね〜。
命がかかってるんだからね♪
Posted by いちごママ at 2007年06月24日 22:12
だいすけ君・・・そうですか、辛いけど私もきっと同じ選択をしたと思います。
少しでも長く元気でいてほしいですね。
獣医さん・・・ほんと相性ありますよね!
フェラリアの薬の値段も色々だし・・
うちも長年お世話になった病院を勇気を出して先月から変わりました。
獣医さんって技術も必要だけど、ほんとに動物の好きな先生が一番だと思います。
私も悪口は言いたくないけれど前の病院の受付していた先生の奥様にyouを始めて連れて行ったとき「また、飼ったの!よく飼うわ!」って・・この言葉は忘れられません。
Posted by あいラブyouママ at 2007年06月25日 09:27
いちごママさん☆

相性ってありますよね〜(>_<)どれだけ名医だって言われてても患者サンや飼い主サンの気持ちを考えない人にはやっぱ我が子を預けたくないし…
だからって良心的でも薬を間違えるとか初歩的なミスを犯したり頼りない人も不安だけど…

最近ニュースでやってたんだけど、獣医が入院中の患者さんにわざと布を飲み込ませて『手術しました』って言って料金を水増し請求してたりとか…知ってますか??
怖いですよねホント(>_<)
Posted by たぶぇもん at 2007年06月25日 12:39
あいラブyouママさん☆

えっそんな事言われたんですか!?それは…あまりにも無神経な発言ですよね(>_<)
そんな人が医療に携わるのはちょっと怖いです。

だいすけ君の事やっぱり同じ選択をしますよね。
それが一番イイんじゃないかなと思います。
ホントに長生きして欲しいです。
Posted by たぶぇもん at 2007年06月25日 14:48
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/902928
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック