2008年01月25日

[ 『この地球は誰のもの?』

昨日、相方と映画を観てきました映画

「earth」という映画、皆さんご存知ですか??

これはね、本当に一度観た方がいいexclamation×2exclamation×2

何だか感動するし、色々考えさせられます。

もし、まだ観てない方は是非是非映画館へダッシュしてくださいダッシュ(走り出すさま)

あのスクリーンで観た方が絶対イイと思うのでひらめき

でね、パンフレットを買ったんですけど

その中の1ページにこんな文が載っていたんです。

------------------------------------------

この地球は誰のもの?


はるか極北の氷の上で、母グマが大気のにおいをかぐ。

特に変わったようすはない。危険は感じられない。

でも、何かがおかしい。彼女の足元で、氷がゆるみ始めている。


シベリアの森をアムールヒョウの親子がさまよう。

森が減り、イノシシもシカも減ったことに気づいてはいても、

仲間が40頭ほどしか残っていない事を、彼らは知らない。


熱帯の高い梢の上で、オランウータンが遠くを見つめている。

昨日まであったはずの森はどこへ消えたのだろう。

運び去られるたくさんの木々と、焼けた大地が彼の瞳に映る。


乾いた砂の中を、ゾウたちが行く。

かつて、群れはもっと大きく、いくつも連なって続いていた。

サバンナのどこかで、今も密漁の銃声が響く。


生き物たちが問いかける声が聞こえる。

この森は誰のもの?この海は、山は、大気は、誰のもの?

野生の生き物は人間のために存在しているの?


今こそ出来る限りのことをしよう。

この地球を、無数の生命と分かち合っていけるように。

輝く野生の生命と、共に生きていけるように。


-----------------------------------------------------
これはパンフの言葉をそのまま写しました。

私ね、これ見て本当に悲しくなりました。

私たちが豊かに暮らしていけるようになった反面

数を減らしていく動物たちが増えていっているんですよね。

このままいけば2030年にはホッキョクグマは絶滅するそうです。

私の子供、孫の代になるとひょっとしたら

「ホッキョクグマって何?」と言われるかもしれないんです。

私たちが「マンモスってどんな生き物?」って言っているみたいに。

そうならない為に、今私が出来る最低限の事を

やらなければ!と心に誓った一日でした。。




ニックネーム たぶぇもん at 21:27| Comment(6) | TrackBack(0) | たぶぇもん日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする