2008年01月17日

『福島さん』。

時は遡って1月5日のお話。

仕事終わり携帯を見ると不在着信と簡易留守録有りの表示が。。

不在着信はまだしも留守録に録音するのはウチの母ぐらい。

カイに何かあった??おばあちゃんに何かあった??

と思ってとりあえず着歴を見ると「096」から始まる番号が。

「携帯じゃないし…何処の市外局番だろう?」

不振に思いながらも留守録再生開始。

するとちょっと年配の男の声、しかも方言交じりで

「あぁ〜もしもし、福島ですけど〜
あのですねぇ〜忘年会の件なんですけどね?
中止になったんでお知らせしようかと思いましてですね・・(以下省略)
あっそれと会費の件なんですけども・・(省略)
それから回覧板を回しておきましたんで・・(省略)
・・では、そういう事で宜しくお願いします。」プチっ。ツーッツーッツーッ。

誰やねん!!!??????????

しかも留守電でどんだけ喋るねん!!!!

おまけに年明けやのに忘年会て!!!!


本来この電話を受けるはずの人は何も知らず忘年会に出かけたのでしょうか?

かけ直して「間違ってますよ」って言うべきだったでしょうか?

永遠のなぞです。。

そしてつい先日。

出かけてる最中に携帯に着信が。。

知らない番号(大阪の市外局番)だったので出なかったんですけど

スグに留守電に切り替わりました。

「誰やろ?」と思いながら聞いてると

「えぇ〜橋本○○さんの携帯でしょうか?
尼崎裁判所の○○ですが、年末に出頭していただく予定だったんですけど来られなかったんで連絡いたしました。
また連絡いただけますか?お願いいたします」

お前もかいっ!!!!!

橋本ちゃうしな〜!!

しかも裁判所て!出頭してないて!!

あかんやん!!!?


このときもかけ直すか迷いましたが…止めました。。

間違い電話、多すぎ。。。。。


0117.jpg

ニックネーム たぶぇもん at 13:40| Comment(11) | TrackBack(0) | たぶぇもん日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする